トップ

ベイザーですっきり背中

背中の脂肪はベイザーで除去

しつこい背中の脂肪をベイザーで除去

ダイエットを考える際、どうしてもお腹についている脂肪にばかり気を取られてしまいますが、実は太ってしまうと背中側にも脂肪がつきやすくなってしまいます。

背中側の脂肪は普段は見る機会が少ないので、気が付くと背中自体が大きな丸いシルエットになってしまい、ゆったりとした服でなければ似合わなくなってしまっているということも多くなっています。さらに背中側の脂肪は落とすことがお腹側以上に容易ではなく、ダイエットを続けていてもなかなか効果があらわれず悩んでいらっしゃる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

筆者自身も背中側のしつこい脂肪に長年悩んでおり、好きな服を着られない悩みを抱えていました。そんな筆者が背中の脂肪をなくすために選んだのが、ベイザーでした。背中の脂肪を除去したいならベイザーで。

ベイザーとは脂肪細胞にしか影響しない特殊な超音波「ベイザー波」を使った脂肪吸引のことです。脂肪吸引と聞くと痛みが多いのではないか、副作用等があるのではないかと身構えてしまう方も多いでしょう。私自身もそのように身構えてしまいましたが、実際脂肪吸引を行うと、その怖さは杞憂だったことが分かりました。

施術中に痛みを感じたのは、静脈麻酔を打つ一瞬だけ。施術中は静脈麻酔が効いているために全く痛みを感じることなく、眠ったままで脂肪吸引をしてもらうことが出来ました。

麻酔から覚めた際のダウンタイムの際に、若干の気持ち悪さや痛みを覚えることがありますが、日常生活に影響するほどの体調の変化ではないので、安静にして過ごしていれば全く問題ないレベルだと言えます。実際私はダウンタイムの際に若干の気持ち悪さはありましたが、背中に痛みを覚えるようなことはありませんでした。

また、脂肪吸引ということでカニューレを背中に刺す際の傷跡や内出血が残らないか心配しましたが、カニューレは目立たないところに刺してもらえるため、内出血は日常生活で全く気になりませんでした。カニューレの跡は傷にもならず、わずかな内出血が2週間程度残りましたが、それも時間の経過に従って消えてしまいましたので、安心することが出来ました。

Copyright © 背中の脂肪はベイザーで除去. All rights reserved.